なかむの日常

疑問に思ったことや感じたことを発信していきます

「八、約束の犬」

 中学2年生の時に鑑賞した以来、久しぶりにハチの映画を見ました。あの時は、ストーリーが衝撃的で、悲しくて泣いていたのを今でも覚えている。

 今回が二度目の鑑賞になったのですが、やっぱりいつみても感動する映画ですね。たまたま拾った犬を飼うことになり、ハチはべったりリチャードギアにくっつくことになる。ハチだけでなくリチャードギアもハチの事が大好きで愛して愛してやまなかった。常日頃ハチと遊び、ボール遊びやかけっこ、本当にハチとの思い出がたくさんあった。

 この生活がいつまでも続けばいいのだが、そうはいかない。ある日ハチはいつもと同じように出勤するリチャードギアに、仕事へ行くな、行くなとメッセージを伝える。リチャードギアは何のことだろうと思い、ハチに帰るよう命令する、しかしハチはいかないで、行かないでと何としても仕事へ行くリチャードギアを食い止める。ハチは気付いていたのかもしれない。リチャードギアが突然亡くなることを。リチャードは結局いつも通り仕事に行き、大学で講義していた。しかし、突然倒れ、急死してしまう。そのことを知らないハチはいつも通り駅前で、リチャードが帰ってる夕方五時に待っている。

毎日待ってみたが、リチャードが帰ってくることはなかった。九年間待ち続けた末、結局ハチは老化し、亡くなってしまう。

 こんなストーリー構成であるが、色々諸説があるらしい。夕方五時に駅前で待っていたのは近くにある焼き鳥を餌としてもらう目当てだったという何とも信じがたい説。

 私は嘘であると思う。ハチはリチャードお帰りを信じてずっと待っていたのだ。そう思いたい。

 自分も犬を飼っているから、わかるが本当に愛犬は可愛くて仕方がない。もし自分の犬が急死したら絶対に大泣きするだろう。この物語は自分の飼っている犬を連想させる映画である。愛犬の大切さを身をもって教えてくれる映画だ。

 ハチとリチャードのメッセージ性のこもった映画です。是非皆さんに見ていただけたらいいなと思っています。こんなに感動する映画はあまりないので、普段映画を見ない人も楽しんでいただけると思います。

 

大学ライフ

 久しぶりに大学へ行きました。半年ぶりの学校です。気づけば、自分は今大学三年生、大学生活はあっという間です。ついこないだ入学したばかりなのに、もう次は4年で就活をしなければいけない。時の流れの速さを本当に実感する。残された大学生活は、やりたい事をし、全力で楽しみたいと思っています。

 私はマンモス校に通っているのですが、人がとにかく多い。これだけたくさんの人がいるので。いろんな人がいる。勉強に励む人もいれば、アルバイトをし、とりあえずお金を稼ぎまくる人、サークル活動に精を出し、没頭する人など、様々である。

 人が多いのでとにかく大学生活は疲れます(笑)交友関係も広く浅くといった感じで、これまでの学生生活とは違った友達付き合いになる。人が多いから、やはりいろんな思想や価値観を持っている人がいて、いろんな人と接するうちに、自分の考え方も変わっていき、視野が広くなったと実感。人が多い大悪へ這入れてよかったと思っています。人が少ない大学だったら、自分はまだ狭い世界しか知らないと思ったので。とにかく、いろんな人と接していきたいです。

「55歳からのハローワーク」

 5編に並ぶストーリー構成となっています。

 主人公の女の子は夫と離婚し結婚相談所に駆け込むも、自分の条件に合った相手がおらず、再婚できずにいた。この女性は障害独身を貫くだろう。

 続いて、富裕という男は、妻とキャンピングカーで旅をしたいと思っている。だが、妻は乗り気ではなく、困ったことになっている。富裕は一人でキャンピングカーで旅をしようと思っていて、妻の事は忘れるようにした。

 この本は55歳というという、高齢者が、これからの余暇を楽しむためにしたい事wしようとしている。したいことがなければ、手あたり次第重石問いと思ったことに手を出して、いろいろ模索してみればいい。そうすることで何か見えてくるものがあるんじゃないかと私は思っている。とにかく老後を楽しめるか楽しめないかは自分次第。結局のところ、行動するかどうかが大事。行動しない限り平凡な毎日を過ごし、同じことの繰り返しの日々を過ごすことになる。やっぱり夢があるのはかっこいいなと思った。

 

漫画喫茶

 1年ぶりに漫画喫茶へ行ってきました。とにかく外に出ようと思い、思いついたのが漫画喫茶。漫画自体ここ最近、全く読んでなかったので、久しぶりに漫画を読んだ。

 読んだのは野球物語で有名なメジャーである。あの熱いサクセスストーリーを再び読んで妙と思った。

 私が読んだのは夢島編。吾郎がセレクションに合格して、東京から少し離れた島で、日々トレーニングに励み、ゆくゆくは海堂高校に入学する話。

夢洲編での吾郎は素晴らしい。難しいとされているトレーニングを楽々とこなし、地獄なトレーニングを、苦しむことなく楽しんでいる。それも野球がうまくなれるなら何でもするという彼なりの考えがあるから頑張れている。

 で、何とか海道の二軍になり、一軍を倒すことに成功した。

 吾郎は本当に尊敬する自分の軸があり全くぶれない、芯がある人だと思う。彼ほど野球に、情熱を抱いているのはいないんじゃないかと思う。

自分も彼に見習ってストイックに生きていこうと思う。

サッカー

 先日、ロシアワールドカップアジア最終予選が行われた。

正直おーすーとラリアに日本が勝てるとは思っていなかった。しかし試合の前半から日本は積極的に攻め、シュートを放し、攻撃がアグレッシブだった。守備の面でもなかなか相手のボールを奪い、何とか守り切っていた。

 日本は、本田、香川をはじめ主力選手がベンチで控えていた。キャプテンの長谷部が指揮を上げる中、若い選手の活躍が著しい、浅野と原口にシュートには本当にしびれた。こうやって若手選手が活躍すると、チームの雰囲気も良くなるし、kっ気がt九本当にめでたいゴールでした。

 来年ワールドカップが開催されますが、日本代表の活躍に期待したい。

「旅に行けずに、死ねるか」

 なんか言葉で表しにくいが、自分が本に引き付けられた一冊でした。本のページ数に限りがあったため、具体的なエピソードが少なかったのが少し残念。

 この本は何か自分が旅をしているかのように感じられ、筆者の文章力に驚かされた。筆者自身は自転車で世界一周なんて大したことない、旅に行くのは簡単で、どの移動手段を使っていこうと何も変わりはないと言っている。つまり、自転車で世界一周したぐらいでは、たいしたことがないと述べている。しかし、私からすれば、世界一周をするだけで、行動力と一歩踏み出す勇気があるし、なかなかできる子tではないと思う。でも、リスクがあることを考えて、一歩足を踏み出してしまえば簡単に旅ができるという。お金とパスポートがあれば、誰でも世界を旅することができるので、私はこの本で学んだことを糧に、自分の心にぶれ―キをかけず、アクセルを踏んで突っ走っていきたいと思います。

香港&マカオ旅。

 半年ぶりに香港にやってきました。そんなに久々でもないので、着いたときはウキウキしなかった。

まず、向かった先は九龍にあるチムサーチョイ。チムサーチョイにあるネイザンロードは香港一の繁華街である。ネイザンロードは大型な商業施設が立ち並び、多くの人々がいて、街中に活気がある。チムサーチョイは交通の便がいい。旺角や女人街と言った有名観光スポットにすぐに足を延ばせる。

 食事はほとんどマックで済ませました。最終日だけネイザンロード内で食事をした。

 宿泊先は、どうしても宿泊費用を抑えたかったので、格安のホテルである、ミランドマンションかチョンキンマンションに絞ることにした。結局今回の旅はすべてネイザンロードに宿泊した。ネイザンロードの利用価値は両替のレートがいい、宿泊費が安い、他民族の人がここにいるので、他民族の料理を楽しめるといったところだろうか。

 香港と言えば夜景がきれい。100万ドル夜景で有名なビクテリアピークがある。ぴーくろらむで2時間並びようやく、頂上へ上ることができた。頂上からの眺めは綺麗すぎて圧巻した。

九龍から香港島にフェリーで渡り、セントラル周辺を観光した。セントラルは。政治・経済の中心地で大企業は大きなオフィスが立ち並ぶ、人は多いが九龍と違って、落ち着いた雰囲気を持っている。

 香港を十分に楽しんだので、香港からターボフェリーで1時間かけて、マカオへ向かった。マカオポルトガル統治時代の名残か、町並みは西洋風である。結構おあしゃれな建物も多く、心惹かれる街だった。マカオと言えば、カジノも有名なのだけど、今回はお金がなかったため、カジノをすることを棄権した。日帰りで、香港に帰った。香港に着いたら、雨が降っていたので、どこにも行くことができず、ホテルの部屋でごろごろして過ごした。

 香港、マカオ4泊5日旅を振り返ってみて、日本にはない、刺激的な街がたくさんあった。そして、何といっても経済発展していた。インフラもしっかり整備されているし、先進国のように感じた。

 また、いつか香港とマカオを訪れたいと思う。