なかむの日常

疑問に思ったことや感じたことを発信していきます

「好きなことだけで生きていく」

はい、またまた発売日当日にホリエモンの新書を買い、三日ほどで読み切りました。

 「好きなことだけで生きていく」これはホリエモンの生き方ですね。ホリエモンに限らず多くの人ができれば、嫌なことをせず、好きなことだけで生きていきたいと考えているのではないでしょうか。

 さて、早速1ページ目をめくって、初めにの部分を見るだけで彼の言いたいことが伝わってくる。いつも通りお決まりの「やりたいことは今すぐやれ!」だ。これまで、ホリエモンの本を数々読んできたが、ホリエモンの考えは全く変わっていない。とにかく行動しろ、やりたいことはやれ、リスクを考えずに手あたり次第何か始めてみよう。という主張。この主張に多くの読者は共感するが、行動に移すまでには至らないというのが大多数。その考えにホリエモンは、理解できないし、正直うんざりしているという。これだけ、著書だけでなくあらゆるメディアで行動する大切さを主張してきたが、実際に行動したものは1%にも満たず、ホリエモンは残念に思っているという。そして、今後このような本を出版することはないという。

 今後こう言った本は書かないし、もう何も言わないと通告した堀江氏がおすすめするのがHIU(通称、堀江貴文イノベーション大学校)に入会することだという。

 HIUとは、会員費として1万円を支払い、メンバーたちとやりたい事業を行い、自分たちでイベントを作り上げる学校。

 ホリエモンは、月に1万円支払って何かイベントを作る場所を提供すれば、会員が主体的に活動に参加し、事業を立ち上げてくれると主張。一歩踏み出して、やりたいことをやってみるというのがHIUなのだ。

 この組織は、今までにない面白い学校だと感じる。普通の学校教育では、教師が生徒に勉強を教え、生徒のやりたい事を禁止したりする。そして、いい会社に入り、いい大人になれるよう個性を潰し、平均的な子供を量産する。自分の頭で考えない、洗脳された子供をいくら生産しても、何のメリットもない。

 高い学費を払い、大学に行っても勉強せず、結局何も見につかない学校は不要であるとホリエモンは述べる。だったら、HIUに入って、好きなことをやろうと唱える。

 これには、僕も賛成だ。HIUに入るつもりはないが、好きなことは誰に何を言われようととことんやろうと思う。没頭した先に何か見えてくるものがあるかもしれないし。

先の事を考えずに、目先のことに集中し、とりあえずやってみたい事を片っ端からやってみる。すぐに飽きたら、やめてまた別の何かを始めればいいし、リスクなどほとんどない。没頭した先にアイディアが生まれ、それが仕事になり、遊びながら暮らしていける。こんな世の中に最高だ。

 今回の新書も、良書であった。とりあえず、今を精いっぱい生きていこうと思う。