なかむの日常

疑問に思ったことや感じたことを発信していきます

「深夜特急」

 皆さんは「深夜特急」という本をご存じだろうか。

深夜特急」は当時26歳だった少年がインドのデリーからイギリスのロンドンまで乗り合いバスだけで行く旅行記である。

 現在、僕が旅にハマり、さらにもっといろんな国を旅したいと思わせてくれた本がこの「深夜特急」だ。たぶんこの本を読んだ多くの人は今やっていることをすべて投げ出して、旅に出たい!と思うだろう。

 実際に多くの人が「深夜特急」の影響を受けてバックパッカーとして旅している。一度旅をして終わる人もいれば、旅にハマり、仕事をしてお金を貯め、会社を辞めて海外に飛び出しだ、帰国してまた再就職する人もいる。それほど大きな影響を与え、中毒性の強い本だ。

 とりわけ、僕が深夜特急の魅力に取りつかれるのは、筆者の内面が文章に現れているところだ。それはただの旅行体験記ではない。彼は、最初の旅先として香港に降り立った時、明確な目的も持たずふらふらしていた。これから先の事を成り行きで任せてみようと楽観的な人物だった。そんな彼が次第にマカオでカジノにハマり、ワクワクしながらサイコロの駒を振る。博打をハラハラしながら楽しんでいたシーンは、特に印象に残り、僕もハラハラさせられた。

 インドでは、貧しいストリートチルドレンから激しい物乞いを受ける。最初は、面倒くさいと思って相手にしていなかった彼が、小さい子供のしつこい物乞いに負け、少年らと優しく語り合うシーンでは、彼のやさしさを感じ取ることができた。

 ロンドンに着くまで、彼はいろんな人と出会い、様々な体験を経ていく過程で、彼自身も変わっていく。旅人に対して親切に接するようになったり、他の旅行者に次第に心を開いてくといったように。その彼が感じる胸の奥にある感情がストレートに文章に表現されている。

彼の文章を読んでいると、僕自身が彼に移り変わり、彼がこれまでしてきた旅を僕がしているような気がした。

自分が旅をしている気にさせてくれる魔法の本、それが「深夜特急」だ。