なかむの日常

疑問に思ったことや感じたことを発信していきます

高齢ドライバー

 高齢ドライバーによる事故が相次いでいる。しかも75歳以上がその大半を占める。高齢ドライバーによる事故はなぜ起こるのか。そして高齢ドライバーはなぜ事故を起こすのか述べていきたいと思う。

 まず、日本は少子高齢化であるので高齢者のドライバーは多い。車を運転する大半は高齢者なのではないか。では、彼らはなぜ事故をよく引き起こすのか。それは、視力の低下や認知症などが原因だと私は考えている。年を取ると、視力が落ちる。これは当然のことだ。目を細めながら車を運転しているドライバーをよく見かける。彼らはものが見えないのに運転している。これは大変危険なことだ。また、認知症のドライバーが多いのも現実だ。事故を引き起こすドライバーの大半は認知症を患っているというデーターもある。では、なぜ認知症であるのに車を運転するのか。

これは、事故を起こしたときに認知症であったと知る。つまり、事故を引き起こすまでは認知症を患っている事実を知らなかったのだ。これは不愉快極まりないことである。

だからこそ、後に事故を引き起こすことがないよう、定期的に健康診断や人間ドックを受診し、病気の早期発見に努めるよう最善を尽くすべきだ。

 事故には原因が必ずある。車の事故の大半は高齢者で、彼らは病気を患っている。事故を減らすためには、車を運転する機会を減らすか免許を返却するのがよいと思う。そして、最近では事故を抑制するために「限定免許」というものもできる。これは高齢者にはぴったりな免許である。

年々、政府は交通事故に対する規制をかけ、事故が減るよう努めているので、これからの政策に期待したい。