なかむの日常

疑問に思ったことや感じたことを発信していきます

「レール」とは

 「レール」とは何なんでしょうね。最近よくこれについて考えます。今まで何の疑問も持たず、小学校、中学校、高校、大学へと進み就職活動をして入社。その後は家庭を持ち、結婚して家を建てる。そして、定年まで仕事に勤しみ、定年後はのんびり老後生活を送る。これが人生における「レール」になっていると私は感じる。実際はどうだろうか。私は人生にレールなんかないと思っている。ここでいう「レール」は親や先生から教え込まされた正しい道とされているものである。しかし、人生、何が正しいかは自分で決めるもの。自分で決断をし納得のいく答えが出せたならそれは正解だと思う。後で失敗することがあったとしても。

 一番私が疑問に思っているのは、今の就活システムである。新卒一括採用をやる意味が私にはわからない。大学3回生からインターンシップに行き、4回生でリクルートスーツを着て面接を受けまくる。本当に自分自身が満足のいく就活を終えた人はどれくらいいるのだろう。みんな、就活をやらされているように見えてならない。

 私は大学卒業後すぐに就職して社会人にならなくてもいいと思っている。別にその道を否定するつもりはないが、もっといろんな生き方があると思う。

例えば、卒業後はしばらく海外で生活し、海外の文化や価値観を学ぶとか、留学をしたりワーホリに行ったり。なんでもありだと思う。まずは自分が今やりたい事、好きなことを後先考えずにやり切ることが大事である。それが、後にビジネスに繋がったり、思わぬ未来に繋がるかもしれない。

 みんな、「レール」に囚われていないで、どうやったら納得のいく人生を送ることができるか、しっかり、自分の頭で考えてほしいと思う。