なかむの日常

疑問に思ったことや感じたことを発信していきます

香港&マカオ旅。

 半年ぶりに香港にやってきました。そんなに久々でもないので、着いたときはウキウキしなかった。

まず、向かった先は九龍にあるチムサーチョイ。チムサーチョイにあるネイザンロードは香港一の繁華街である。ネイザンロードは大型な商業施設が立ち並び、多くの人々がいて、街中に活気がある。チムサーチョイは交通の便がいい。旺角や女人街と言った有名観光スポットにすぐに足を延ばせる。

 食事はほとんどマックで済ませました。最終日だけネイザンロード内で食事をした。

 宿泊先は、どうしても宿泊費用を抑えたかったので、格安のホテルである、ミランドマンションかチョンキンマンションに絞ることにした。結局今回の旅はすべてネイザンロードに宿泊した。ネイザンロードの利用価値は両替のレートがいい、宿泊費が安い、他民族の人がここにいるので、他民族の料理を楽しめるといったところだろうか。

 香港と言えば夜景がきれい。100万ドル夜景で有名なビクテリアピークがある。ぴーくろらむで2時間並びようやく、頂上へ上ることができた。頂上からの眺めは綺麗すぎて圧巻した。

九龍から香港島にフェリーで渡り、セントラル周辺を観光した。セントラルは。政治・経済の中心地で大企業は大きなオフィスが立ち並ぶ、人は多いが九龍と違って、落ち着いた雰囲気を持っている。

 香港を十分に楽しんだので、香港からターボフェリーで1時間かけて、マカオへ向かった。マカオポルトガル統治時代の名残か、町並みは西洋風である。結構おあしゃれな建物も多く、心惹かれる街だった。マカオと言えば、カジノも有名なのだけど、今回はお金がなかったため、カジノをすることを棄権した。日帰りで、香港に帰った。香港に着いたら、雨が降っていたので、どこにも行くことができず、ホテルの部屋でごろごろして過ごした。

 香港、マカオ4泊5日旅を振り返ってみて、日本にはない、刺激的な街がたくさんあった。そして、何といっても経済発展していた。インフラもしっかり整備されているし、先進国のように感じた。

 また、いつか香港とマカオを訪れたいと思う。