なかむの日常

疑問に思ったことや感じたことを発信していきます

「旅に行けずに、死ねるか」

 なんか言葉で表しにくいが、自分が本に引き付けられた一冊でした。本のページ数に限りがあったため、具体的なエピソードが少なかったのが少し残念。

 この本は何か自分が旅をしているかのように感じられ、筆者の文章力に驚かされた。筆者自身は自転車で世界一周なんて大したことない、旅に行くのは簡単で、どの移動手段を使っていこうと何も変わりはないと言っている。つまり、自転車で世界一周したぐらいでは、たいしたことがないと述べている。しかし、私からすれば、世界一周をするだけで、行動力と一歩踏み出す勇気があるし、なかなかできる子tではないと思う。でも、リスクがあることを考えて、一歩足を踏み出してしまえば簡単に旅ができるという。お金とパスポートがあれば、誰でも世界を旅することができるので、私はこの本で学んだことを糧に、自分の心にぶれ―キをかけず、アクセルを踏んで突っ走っていきたいと思います。