なかむの日常

疑問に思ったことや感じたことを発信していきます

「55歳からのハローワーク」

 5編に並ぶストーリー構成となっています。

 主人公の女の子は夫と離婚し結婚相談所に駆け込むも、自分の条件に合った相手がおらず、再婚できずにいた。この女性は障害独身を貫くだろう。

 続いて、富裕という男は、妻とキャンピングカーで旅をしたいと思っている。だが、妻は乗り気ではなく、困ったことになっている。富裕は一人でキャンピングカーで旅をしようと思っていて、妻の事は忘れるようにした。

 この本は55歳というという、高齢者が、これからの余暇を楽しむためにしたい事wしようとしている。したいことがなければ、手あたり次第重石問いと思ったことに手を出して、いろいろ模索してみればいい。そうすることで何か見えてくるものがあるんじゃないかと私は思っている。とにかく老後を楽しめるか楽しめないかは自分次第。結局のところ、行動するかどうかが大事。行動しない限り平凡な毎日を過ごし、同じことの繰り返しの日々を過ごすことになる。やっぱり夢があるのはかっこいいなと思った。